クレンジングバームのQ&A!機内持ち込みOK?マツエクに使用可能?


まだまだ浸透していないクレンジングバーム。

メイク落としやお肌ケアとして優秀なクレンジングバームですが、周りにも日常的に使っている人も少ないと思いますので、細かい部分の疑問点が多いでしょう。

今回こちらでは、そんなクレンジングバームに対して多い疑問点について、出来る限り詳しくお答えしています。

こちらを参考にバームを使うことを検討してみてはいかがでしょうか!

クレンジングバームの基本的な成分


まずは有名なDUOクレンジングバームの成分を見ていきましょう。

パルミチン酸エチルヘキシル
トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル
炭酸ジカプリリル
トリイソステアリン酸PEG−20グリセリル
ポリエチレン
トリイソステアリン酸PEG−5グリセリル
トコフェロール
ノバラ油

アンマロク果実エキス
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
グルコシルセラミド
加水分解コラーゲン
加水分解ヒアルロン酸
デキストリン
乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液
乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液
ノイバラ果実エキス
プルーン分解物
クリサンテルムインジクムエキス
サクラ葉エキス
トルメンチラ根エキス
豆乳発酵液
メマツヨイグサ種子エキス
ウンシュウミカン果皮エキス
タチジャコウソウエキス
オウゴンエキス
キハダ樹皮エキス
ビルベリー葉エキス
オウレン根エキス
カミツレ花エキス
クチナシエキス
セイヨウオトギリソウエキス
トウキンセンカ花エキス
フユボダイジュ花エキス
ヤグルマギク花エキス
ローマカミツレ花エキス

BG
PEG−7(カプリル/カプリン酸)グリセリズ
フェノキシエタノール

様々な美容成分としてエキスが配合されていますが、それ以外のものは香り付けのノバラ油、原料となる「合成エステル油」ですね。

特に危険・有害な成分が含まれていないということは言えるでしょう。

それでは、これらの成分を元に、出てくる疑問点に対してどのような答えになるかお伝えしていきます。

機内持ち込みはOKなの?


結論から言えば、クレンジングバームを機内に持ち込むことはOKです。

ただし化粧品などは、クリームや半固形状のものも含め液体物とみなされ、機内持ち込みに「制限」がかけられます。

スーツケースに入れている場合には、化粧用品一式入れていても問題ないのですが、手荷物として持ち込みをするとなると注意する必要があるでしょう。

国内線の制限

・1容器あたり500g以下もしくは1容器あたり500ml以下
・1人あたり2kgもしくは2Lまで

国内線の場合はそこまで気にする必要もないでしょう。

化粧道具や保湿クリームなど量が多い場合は、手荷物として持ち込むことが出来ないので注意しましょう。

クレンジングバームやクリームなどの固形物も、飛行機に乗る際には液体物として判断されるので、軟膏タイプのものも全て考える必要があります。

国内線の制限

・1容器あたり100ml以下
・ジッパー付き透明袋に入れる
・透明袋のサイズは20cm×20cm以下
・1人あたり透明袋1つまで

そして特に注意すべきは国際線。

長時間のフライトも当たり前なので、お化粧直しや機内でのメイク落としを考える方もいるかもしれませんが、上記のような制限があります。

旅行用としてプラスチックの容器が100円均一などで売られているのを見たことがあると思いますが、これはこのような制限のため。

クレンジングバームも普通の保湿クリーム、軟膏、日焼け止め、歯磨き粉など全て液体物として判断されるので、注意が必要です。

もっと詳しい持ち込みに関しては、成田空港のセキュリティガイドをご覧ください。

持ち込み出来ない一覧にクリームなど固形状のものも分類されています。

マツエクしている際に使って大丈夫?


マツエク(まつげエクステ)は、その名の通りですが特殊な接着剤で1本ずつエクステンションを装着していくもの。

これはつけまつげよりも効果が長続きして、一度装着すると通常であれば3~4週間ほど洗っても取れることはないという優れものです。

ではこの「洗っても取れることはない」という効果、クレンジングバームを使った際はどうなるのでしょうか。

DUOのクレンジングバーム公式サイトにて掲載されていましたので、見てみましょう。

まつげエクステに使用できますか?

一般的なグルー(シアノアクリレート系の成分)をご利用の場合はお使い頂けます。
(外部機関による試験実施済)
ただし、上記以外のグルーなど例外もございますので、ご心配な場合にはまつ毛エクステ専門店にてお問い合わせの上、ご使用をお願い致します。
また、強くこするとまつ毛自体が抜けてしまう可能性がありますのでご注意ください。

参考:DUOクレンジングバーム公式サイト

グルーというのは接着剤のこと。

成分のオイルが接着剤と反応して取れてしまうのではないかという疑問があると思いますが、それは大丈夫ということで安心して使えますね!

ただ書いてある通り、成分が違う接着剤を使用している場合には何とも分からないということですので、普段通っている場合はマツエク専門店に聞いてから使ってみるようにしましょう。

強くこするとまつ毛自体が抜ける可能性というのは、バームに限らず洗顔・クレンジングオイルの場合も一緒なので普段から注意するべきことですね。

ウォータープルーフのアイメイクは落ちる?


ウォータープルーフというのは、防水効果が施されている意味。

化粧下地やファンデーションなど、あらゆる美容アイテムにこのウォータープルーフの効果が成分としてあります。

夏場など毛穴から出る汗や皮脂によって化粧崩れを起こしにくくするために人気な化粧アイテムとして知られていますね。

ただ逆に考えると、化粧崩れをしにくくコーティング効果があるということなので、落とす際には強いクレンジング剤が必要ということ。

ウォータープルーフのアイメイクは落ちますか?

ウォータープルーフのアイメイクも落ちるように設計しております。

参考:DUOクレンジングバーム公式サイト

同じように公式サイトにて回答はありましたが、実際には何を使っているかによって効果が変わってくるのかなという印象があります。

バームのレビューに関しても、落ちやすい・落ちにくいというのは、もしかしたらこのウォータープルーフの成分で変わってくるのかもしれませんね。

ですが、公式で落ちるように設計されていると書かれていますので、大体のものには問題なくクレンジングとして使用できることは間違いありません。

フィルムタイプのマスカラには使える?


最後にフィルムタイプのマスカラ。

これもウォータープルーフ同様にアイメイクのアイテムとして知られています。

効果はまつ毛自体を1本1本包み込むように耐水性のフィルムを作ること。

それによって、水や油にも強くなり、ウォータープルーフ同様に人気なものですね。

フィルムタイプのマスカラは落ちますか?

近年多く販売されている「フィルムタイプ」のマスカラにつきましては、クレンジングではなく、「ぬるま湯で」落ちる設計になっております。お顔をクレンジング後、指の腹でまつ毛をはさみこみ、ぬるま湯で優しくスルッととるように丁寧に洗い流してください。

参考:DUOクレンジングバーム公式サイト

フィルムタイプマスカラのメリットとして、元々の成分としてオフしやすいというのが特徴であります。

ですので、クレンジング効果をそこまで気にする必要はありませんので、そういった意味でも人気があるタイプのマスカラだと言えますね。

全ては使っているアイテムとバームそれぞれの相性!


いかがでしたでしょうか?

◯◯を使っているけど落ちるのか、◯◯にはクレンジング効果があるのかという個別の疑問が目立ちました。

これに関しては、今現在使っている美容アイテムがどんな成分で、使おうとしているクレンジングバームがどのような効果なのかによって多少なり変わってくることがあります。

やはり最終的には個人差もありますし、実際に使ってみて検証というのが一番となってきます。

なるべく多くの種類をランキング形式で紹介していますので、こちらの記事も合せて自分専用のクレンジングバームを見つけてくださいね。

W洗顔不要で潤い美肌へ!厳選クレンジングバーム人気ランキングベスト10

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です