ティントインバームとは?正しい使い方と選び方、種類を徹底解説!


おしゃれ女子の間で、大人気のティントインバーム。

あまり聞き慣れない言葉ですが、どのようなものかご存知でしょうか?

普通の口紅やリップだけでなく、こちらのティントインバームを発売されているメーカーも増えてきていますので、どのように使うのか、何を選ぶと良いのかをこちらで纏めてみましたので、是非ご覧ください!

ティントインバームとは?


ティントインバームは、唇に使う口紅とリップクリームを足して2で割ったようなものです。

口紅は様々な色が発売されておりますが、やはり水分が足りずに乾燥してしまうものが多いため、リップクリームも合わせて使っている人が多いのではないでしょうか?

ティントインバームは色を染めるプラスして潤いを保つ成分が含まれています。

  • ティントとは?
  • 韓国発祥の美容アイテムで、意味は英語で「染める」。くちびるに塗ることで染めて色味を付けていくもの。ただし唇に染み込んで乾燥しやすいのが欠点。

  • バームとは?
  • リップに使われているバームは高い保湿成分が配合されており、唇にとろけるように馴染み潤いを保つことができる。

この2つの機能が1本に備わったものがティントインバームです。

特に色味を濃くして、唇をぷっくりと見せるためには、非常に重宝できるアイテムと言えるでしょう。

こちらはYSL(イヴサンローラン)の製品ビデオですが、塗った瞬間にプルプルな唇になっているのがわかると思います。

このプルプル感が長く続くというわけではないでしょうが、スッと塗れるというだけでも魅力的ですね。

ティントインバームの使い方


では軽くティントインバームの使い方をお伝えしていきます。

基本的には、普通の口紅やリップクリームを塗るときと同じような感覚で問題ありません。

  1. 折れないように少しだけ出す
  2. 色味が薄いと思えば数回往復する
  3. 減りが早いので注意

ティントインバームの特徴としては、バームが柔らかい感覚なので塗りやすさは抜群です。

ただしバームそもそもの素材は、お肌の温度に反応して溶けて浸透しやすいので、何度も往復すると色味は増しますがちょっと減りが早くなってしまう感覚もあります。

ティントインバームの選び方


これほど魅力的なリップアイテムなのですが、今現在では中々手に入りにくいものとなっています。

というのも、まだまだ浸透しておらず知る人ぞ知るアイテムというのが問題でしょうね。

そんな中でもお試しで使ってみたいと思う方にはこちらがおすすめ。

Amazonや楽天などのネットショップでも売られており、お近くのドラッグストアなどにも並べられているかもしれません。

「SWEETS SWEETS(スウィーツ スウィーツ)」のティントリップバームです。

比較的安価に手に入り、ティトンインバームを試すと言う場合には最適なものだと感じています。

普段から口紅を多用している、リップクリームだけ使っているという方にも是非とも試してみてもらいたい商品ですね。

そして、ある程度高級なものとしてはやはり有名な「YSL(イブサンローラン)」のティントインバーム。

YSL自体が元々質の良い美容アイテムを多数販売しており、おしゃれ女子なら一度は使ってみたいものも多いのではないでしょうか。

そんなYSLから2017年に発売された、ティントインバームは発売当初あっという間に完売。

それほど魅力的なアイテムなのは間違いなく、ちょっと大人な女性には自分へのご褒美やプレゼントとしても最適ですね。

ただしちょっと手を出しにくい金額なのかな・・・という印象はあります。

内容量もそこまで多いわけではないので、普段使いというよりも、お出かけやデートの際に使ってみるなど頻繁に使わないようであればお気に入りの色を1本持っておくとベストですね!

唇から綺麗をアピールする!


化粧の中でもやはり目元や唇に気を使う方は多いですよね。

色味により、個性も出せるのが口紅やグロスを使う楽しさでもありおしゃれに見せるためには必須アイテムと言えるでしょう。

そんな口紅の中でも潤い成分が抜群に含まれたティントインバームは非常におすすめ。

もちろん人によって唇の温度やphが違い、実際に塗った際の色味が変わってくる可能性も十分にあるので、実際に塗って試してみてくださいね。

YSLでは沢山の色が発売されているので、それぞれの違いや人気色なども纏めて比較していますおで、合わせてご覧ください。

ティントインバームでの人気色は?おすすめカラーを徹底比較

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です