クレンジングバームを使うメリット、デメリット比較!合う人合わない人は必ずいる


バームはスキンケアの中でも非常におすすめしたい物なのは間違いありません。

パックやマスク、保湿クリームなどとは別で、化粧をする場合にはクレンジングは必須となってきます。

そんな必須アイテムで更に保湿や毛穴ケアも含まれているわけですから良いことしかありませんよね。

ですが、良いことばかりでなく悪いところも知りたいという方は多いことでしょう。

今回こちらの記事ではクレンジングバームを使うことによるメリットとデメリットをご紹介していきます。

クレンジングバームのメリット


ではまずはクレンジングバームを使うメリットをご紹介していきます。

やはりメリットが沢山あるからこそ、おすすめしているものですし、是非とも知って欲しい項目ではあります。

女性だとメイク落としのためクレンジングをしているという感覚があるかもしれませんが、しっとりとした素肌を保つためにはメイクをしていなかったとしても毎日クレンジングはやるべきだと考えています。

洗顔のみでクレンジングなどやっていないという男性にもおすすめ出来るものですので、男性でもお読みいただいている場合はせっかくなので試してみて欲しいですね。

W(ダブル)洗顔が不要


バームを使う一番のメリットはやはりダブル洗顔が不要ということですね。

クレンジングバームには余計な脂汚れやメイクを落とすだけでなく、通常の洗顔料でしか落とせない古い角質や皮脂、そして花粉やホコリも合わせて落としてくれる優れものです。

今までクレンジングオイルを使ってメイクを落として、その後に洗顔料で綺麗に洗顔するという手間が無くなってくるのです。

それだけでも乗り換えるメリットになりますし、オールインワンほど時短になるものはないでしょう。

クレンジングバームを使って洗顔力が足りなくて結局普通に洗顔してしまうという声も結構見るのですが、それは洗い方にも問題があるのではないかと思います。

クレンジングはお肌に馴染ませて、ぬるま湯でしっかりと何回もすすいでヌメヌメ感が無くなってからタオルで拭き取っていくという手順でやってみてくださいね。

馴染ませる際にも綺麗に円を書くように馴染ませることにより、お肌全体の汚れを落とすことが可能です。

乾燥しすぎず保湿してくれる


続いてはクレンジングオイルに比べてのメリットですが、バーム自体がお肌を包み込むようなテクスチャーで、余計な脂汚れを落としつつも潤いを保ってくれます。

どうしても市販のメイク落としを使うと良いことなのですが効果が高すぎて潤いまでも落としてしまうということがよくあります。

クレンジングオイルというのは、高級な美容成分が含まれているような物以外は、基本的にメイクを落とす(脂分だけを取り除く)という効果に特化しています。

そうなると、必要な脂分までも落としてしまい何もアフターケアしないと短時間でも乾燥して肌を痛めてしまう場合があるのです。

もちろんクレンジングバームを使った後でも、保湿クリームなどを使ってアフターケアすると良いのですが、それがなくても潤いを保つことが出来るので、クレンジングバームを使う利点になりますね。

毛穴ケアで肌荒れを対策する


お肌が荒れる原因の1つとして毛穴に余計な脂分が詰まっていることにあります。

毛穴の黒ずみなども、この余計な脂分が詰まっていてそれを取り除けていないから特に鼻周りなど黒いプツプツに見えてしまうということですね。

またニキビなども毛穴の部分が赤くなってしまうことや、黄色っぽい脂分が目に見えてしまうなど全て毛穴に何かしらのトラブルがあるから発症しやすいものです。

ただの洗顔であれば、古い角質など取り除くことが難しいのですがクレンジングオイルやクレンジングバームというのは、この毛穴ケアも考えられて作られたもの。

男性でも洗顔だけでニキビや肌荒れを防ぐということを考えるのではなく、クレンジングも取り入れることによりお肌を改善出来る可能性が高まるということですね。

トリートメント、リラックス効果


クレンジングバームには、美容成分がたっぷり含まれているものが多く、スペシャルケアとして使うことも出来ます。

美容成分が沢山含まれているということは、お肌に良いものが沢山あると考えられていますが、だからといって長時間お肌に乗せておくと逆に刺激が強すぎる可能性がありますよね。

ですので週に1度くらいお肌に乗せてマッサージをして塗り込んでいくというペースでマッサージとケアをして行くと良いでしょう。

そして中にはホットクレンジングと呼ばれており、ポカポカと温かい感覚をもたらしてくれるクレンジングバームもあります。

こういったものを選ぶとクレンジングする度にリラックス効果も得られるのでおすすめしたいですね。

クレンジングバームのデメリット


これだけべた褒めしても、やはり何にでもデメリットがないと信用できないし、逆に怪しくなってしまいます。

こちらではクレンジングバームを使うことによるデメリットも合わせてお伝えしていきます。

デメリットも含めた上で、使ってみようと思った場合にのみ、選んでいただければと思っています。

使い方を間違うと意味がない


一般的な化粧品でも同じことが言えるのですが、クレンジングバームにはそれぞれメーカーが推奨している使用方法があります。

注意点として挙げるなら以下の項目には特に注意。

  1. 推奨する適量以上使わない
  2. お肌に塗る際には優しく広げる
  3. すすぎはぬるま湯で20回~30回
  4. タオルで水気を取る際も優しく

口コミや実際に使った方の感想などを見ていても、すすぎが足りずにニキビなど出来やすくなってしまったという方もいますし、もしかしたら1回に塗りすぎている可能性もあるのです。

正しい使い方を覚えて1ヶ月でも続けて使ってみないとやはり効果は現れませんので、ちょっと面倒くさいなと思う方もいるかもしれません。

デメリットというよりも、使用上の注意点ですね。

こちらにて正しい使い方を纏めていますので、合わせてご覧ください。

メイク落としの新時代!クレンジングバームの使い方!毎日のスキンケアで何回使うべきか?

多少値段が高い


クレンジングバームといえば、一番有名で多くの人が使っているものが「DUOクレンジングバーム」です。

公式ページからの購入で定期便料金で考えると1ヶ月分で約3000円ほどになりますね。

クレンジングオイルと洗顔料でいつもお肌ケアをしている人であれば、両方合わせて1ヶ月分で1000円~1500円といったところでしょうか?

そう考えるとクレンジングバームはちょっとだけ高級な美容アイテムということになるでしょう。

ただどんな美容アイテムもそうですが、毎月かかってくる金額というのには上限がなくエステに通えば通うほど良いというのは誰しもが思うこと。

ですが毎月数十万も美容に使うことって中々出来ないですよね。

そういった意味で考えると、クレンジングバームを取り入れることにより変わってくる月々の金額というのは1000円~2000円ほど。

毎日自宅でケアするので誰でも改善できる方法なのでそこまでのデメリットではないのかなと感じます。

数ヶ月使わないと中々効果が実感できない


どんな美容アイテムでも同じことが言えるのですが、1ヶ月使ったからといってお肌が生まれ変わるというわけではありません。

中には影響を受けやすかったり今までクレンジングをしたことがない男性などであれば、1ヶ月も毎日使うと効果を実感出来るかもしれません。

ただし常日頃から美容成分の入ったクレンジングオイルなどを使っている女性の場合は、変えたからといって劇的に変わるということは中々ありませんよね。

そう考えるとやはり3ヶ月や半年など長いスパンで使ってみて自分に合っているのかということを試す必要があるでしょう。

そこまで長く使えるのかというのは、当然最初の使用感によって変わってくるのですが、ある程度しっくり来たものに関しては長く使ってみてどうか検証してみてくださいね。

お肌ケアは人によって方法が変わってくる!


メリットとデメリットをお伝えしてきましたがいかがでしょうか?

個人的にはメリットの方が大きく、試してみると意外に使いやすく効果も高いことがすぐに実感できるかもしれませんよ。

ただしお肌のケアは敏感肌な方もいれば、このメーカーじゃないとどうしても合わないという方もいるでしょう。

これは使ってみないとわからないことなので、せっかくここまでお読み頂いているのですから、試してみてはいかがでしょうか!

合う合わないはあるかもしれませんが、定期的に使うメリットが大きいので、試してみて合わなかったらまたいつも通りのスキンケアに戻すだけ。

リスクはありませんので、非常におすすめ出来るという結論です。

またクレンジングバームにも様々な種類、それぞれの製品によって強みがあります。

こちらにクレンジングバームだけで何を買うべきか、おすすめできるランキングを作成しているので、どれを買おうかお悩みの方はこちらも合わせてご覧いただき自分が良いと思ったものを試してみてほしいです!

W洗顔不要で潤い美肌へ!厳選クレンジングバーム人気ランキングベスト5

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です