メイク落としの新時代!クレンジングバームの使い方!毎日のスキンケアで何回使うべきか?


化粧を毎日する女性であれば、クレンジングを毎日するのは必須。

ただ本当に毎日使ってお肌にダメージがないか気になる部分ではありますよね?

クレンジングバームは化粧落としだけでなく、洗顔と同じような役割で汚れを落としてくれたり毛穴ケアの効果もあります。

そんなクレンジングバームをどのように使っていくと最適なのか、そして使用頻度はどのくらいにするべきなのか、お肌にダメージを与えない使い方をご紹介していきます。

クレンジングバームの使用方法

それではまず、クレンジングバームを使う際の流れを説明していきますね。

1.手や顔が乾いた状態で使用する


クレンジングバームを顔に使う際には、上手くお肌に載せて馴染ませていくという使い方をしていきます。

ですので、顔や手が濡れた状態だとお肌を包む前に流れ落ちてしまう可能性もあるので、なるべく乾いた状態で使うようにしましょう!

片手に適量のせて、もう片方の手でお顔にのせていきます。

1回の使用量ですが、大体手のひらにマスカット1粒くらいを目安とすれば分かりやすいですね。

2.塗り拡げやすい場所へのせる


続いて片手にのせたバームを、5箇所に分けてのせていきます。

おでこの真ん中・両頬・鼻上・唇下、先程手にとった量を均等に分けるような形でのせていくと良いでしょう。

3.円を描くように優しく撫でる


のせた場所から円を描くようにして全体に塗り拡げていきます。

この時に強く塗り込んでしまうと、お肌への負担を大きくしてしまうので注意が必要です。

両手を使い撫でる程度で全体的に広げていきますが、あまり時間をかけすぎても良くないので、1分程度で塗り終わるようにしましょう。

また汚れがたまりやすい小鼻や唇下、目元なども細かく円を描くように塗ることを忘れずに!

4.ぬるま湯でしっかりと洗い流す


塗り終わるとメイクや汚れが浮き上がってくることがわかります。

その状態になると、後はしっかりと洗い流すだけでOKです。

ここでの注意点は、ヌメヌメ感が残っていると逆に肌荒れの原因となってしまいますので、30回程度は洗い流すようにしましょう。

ヌメヌメ感が無くなって、しっとりとした感覚が残っている状態になれば綺麗にタオルで拭き取っていきます。

タオルを使う際にもゴシゴシと力強く拭き取るのはNG。

軽く抑えてお肌に負担を与えないように水気をとっていくと、しっとりとした柔らかい肌を実感できるはずです。

毛穴汚れ落としとマッサージとして使う場合


基本的な使用方法は上で説明したとおりですが、クレンジングバームには汚れ・メイク落としだけでなく毛穴ケアマッサージとして使うことも可能です。

  • 3~5分円を描くようにマッサージ
  • 時間をかけることにより毛穴ケア
  • やりすぎは良くないので週に1,2回程度

マッサージを目的として使う場合、通常の汚れ・メイク落としと比べて全体的に塗り拡げる部分で時間をかけて丁寧にマッサージしていくと効果的です。

ただし、あまりにも長くやりすぎたり、これを毎日やってしまうとお肌への負担が大きくなってしまうのも事実。

実際に週1程度やってみてお肌への影響をしっかりと確認した上でやってみましょう。

終わった後はしっかりと洗い流してくださいね。

W洗顔不要なので、洗い過ぎに注意!

ダブル洗顔
どのクレンジングバームを選んだとしても、「ダブル洗顔不要」という場合が多いですよね。

この理由は、クレンジングバーム自体にメイク落としをするだけでなく、汚れを落としてくれる効果もあるからです。

普段クレンジングオイルを使っている場合、その後に洗顔料で綺麗にするという流れが染み付いていると疑問に思ってしまうのですが、問題ありません。

逆にクレンジングバームを使った後に洗顔料を使ってしまうと、せっかくしっとりと柔らかいお肌が出来上がったのに、その効果も洗い流してしまう可能性もあるのです。

もちろんクレンジングバーム自体が合う合わないあるかと思いますので、実際に使ってみて本当にW洗顔不要で綺麗なお肌を保てるのかやってみることが一番でしょう。

毎日使っても大丈夫?


最後に使っていく頻度となりますが、化粧を毎日する方であれば夜お風呂に入る際に使っていくことが良いでしょう。

注意点は長くマッサージを続ける毛穴ケアとして使う場合には週1程度に抑えることをおすすめしますが、汚れ・メイク落としとして使うなら毎日使っても問題はありません。

ただしやはり注意しないといけないのは、ゴシゴシとお肌に負担を与えないことと、すすぎは必ずヌメヌメ感がなくなり30回程度はすること。

よく口コミで使用後に肌荒れしやすくなった・・・などと見かけることはあるのですが、大抵の場合洗い流しが足りなくて間違った使い方をしてしまっている場合に起こりやすいです。

しっかりとした使い方、洗い流しを徹底してケアしていけば、非常に使いやすく洗顔料の代わりとしても使えるのでおすすめです。

今回は使い方・頻度をメインとして説明してきましたが、どのようなクレンジングバームを選んだら良いのかも、また別の記事でお伝えしていますので、合わせてご覧頂けると幸いです。

バームってどのくらい種類があるの?クレンジング以外にもあるバームの選び方

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です