バームってどのくらい種類があるの?クレンジング以外にもあるバームの選び方

クレンジングバーム バアム
クリームやジェルではなく、「バーム」という部類のものは沢山あります。

バームはクリームよりもしっかりとした軟膏のようなイメージなのですが、どのくらい種類があって体のどの部分に使えるものなのでしょうか?

今回こちらの記事では、バームと呼ばれる製品がどのくらい存在してどのようにそれぞれ使っていくと良いか詳しく調べてみました。

まだまだ知らない美容品は沢山あると思いますので、こちらをキッカケに知って頂き気に入ったものがあれば使ってみてください!

バームの基礎知識と成分


一般的にクリームといえば、お肌全体へと塗り込んでいき保湿したり毛穴をケアしたりするという使用方法があります。

バームはそれよりも通常は固く、軟膏と言えば伝わりやすいでしょうか。

容器に入っている間や手にとった瞬間は半固形ですが、体温に反応して溶けていく不思議な感覚がする美容アイテムです。

そのような質感の違いだけでなく、お肌を包み込むような感覚で乾燥肌にも最適。

特に乾燥しやすい冬場などは、クリームを使うよりもバームを使ったほうが保湿できて良いという意見もあり、注目されている美容アイテムと言えるでしょう。

それでは実際にどのようなバームが作られており、それぞれどのような効果があるのか比較していきましょう!

クレンジングバーム

一番有名で使っている方が多いクレンジングバーム。

こちらはクレンジングオイルの代わりとして、化粧落としのアイテムとして使われていますね。

このクレンジングバームの特徴として、どの製品もW洗顔不要ということで、化粧落とし&洗顔の両方効果があるのです。

更には冒頭で説明したとおり、お肌を包み込むような感覚で保湿にも優れていますので、今までの常識を覆すものかもしれません。

バームの中ではやはり一番おすすめ出来るもので、バームの感覚を確かめるといった意味でも最初にお試しで使ってみてはいかがでしょうか!

クレンジングバームについてもっと詳しく

ティントインバーム

こちらは聞き慣れないかたも多いのではないでしょうか?

ティントインバームというのは、要はリップクリームと口紅を足して2で割ったようなアイテム。

口紅だけだとどうしても唇がカサカサしてしまうことがあり、その上からリップを塗るという人にはおすすめしたいのが、こちらのティントインバーム。

  • ティント
  • 韓国発祥の美容アイテムで、意味は英語で「染める」。くちびるに塗ることで染めて色味を付けていくもの。ただし唇に染み込んで乾燥しやすいのが欠点。

  • バーム
  • リップに使われているバームは高い保湿成分が配合されており、唇にとろけるように馴染み潤いを保つことができる。

この2つの成分が1本に凝縮されており、色味をしっかりと付けることに加えて保湿や塗り心地も最高という美容アイテムですね。

特に有名なのはYSL(イヴ・サンローラン)のティントインバームで、口紅でも非常に人気があるブランドが作っています。

他の口紅と比べて費用が高いということはないので、試しに一度という意味では使いやすいのではないでしょうか!

ティントインバームについてもっと詳しく

ヘアバーム

ヘアバームはその名の通り、髪に使うことの出来るバーム。

役割としては髪のケアだけでなくワックスに近いスタイリング剤として使用されています。

イメージとして、スタイリング剤を毎日使っていると、毎日綺麗に洗い流さないと髪が痛んでしまうというデメリット感じますよね?

それに比べてヘアバームは、髪にも馴染みがよく頭皮にも優しい成分で作られています。

ワックスだとかゆくなってしまったり、頭皮が荒れるな・・・と感じる方は、男性・女性関わらず使っていけるアイテムでしょう!

ただこちらはツヤを出したり束感を出したりして軽く整えるもので、整髪力はそこまで高くないです。

短髪の男性でしっかりとスタイリングしたい方には、スタイリング剤としては足りないですが、髪の長い女性には非常におすすめ出来ますね。

ヘアバームについてもっと詳しく

ボディバーム

最後となりましたが、顔・唇・髪ときて全身に使えるバームをご紹介していきます。

こちらのボディバームは全身に使えるボディーケアアイテムとして注目が集まっているものとなります。

クリームとの違いは、高い保湿力と質感ですね。

クリームはお肌に浸透していくタイプですが、バームは浸透力が低めでもお肌の表面をしっかりとコーティングしてくれるイメージがあります。

ですので、乾燥肌でお悩みの方や寒い季節にはピッタリの美容アイテムです。

ボディケアを常に続けている方は多く、やはり自分に合ったものを探すのは大変苦労しますよね。

長く使っていくものだからこそ、良いものに出会いたいという方は多いと思いますので、是非一度バームを試してみてください。

クリームで別アイテムを使うというわけではなく、使用感そのものが変わってくるのでまた新たな発見があるかもしれませんよ!

バームに乗り換える人が急増している?


いかがでしたでしょうか?

バームというのは、これだけ様々な美容アイテムに使われており、どのアイテムも非常に評判が良いです。

もちろんこれが万人に共通するというわけではありませんので、実際には使ってみてあなたがどう感じるかによって使う使わないを判断するべきでしょう。

ただ新しい選択肢としては、可能性を感じるアイテムです。

今回は軽くそれぞれのバームについて解説してきましたが、実際にどのような商品があるのかをランキング形式でまとめた記事もありますので、興味があるものをそれぞれ見て参考にして頂けると幸いです。

W洗顔不要で潤い美肌へ!厳選クレンジングバーム人気ランキングベスト10
透明感があるぷるぷるな唇!厳選ティントインバーム人気ランキングベスト5
髪に潤いを与えふんわりセット!厳選ヘアバーム人気ランキングベスト10

まだまだ周りには浸透していないかもしれませんので、実際に使ってみてお友達やご家族にもおすすめしてみてくださいね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です